40代女性の薄毛に多い「びまん性脱毛症」とは?

40代女性の薄毛に多い「びまん性脱毛症」とは?

女性も悩む薄毛の問題

薄毛といえば、長い間、男性特有の症状だと思われてきました。
しかし、最近では、女性の間でも、薄毛に悩んでいる方が増加しています。特に、女性に多く見られるのが「びまん性脱毛症」という症状です。

 

びまん性脱毛症になると、髪の毛全体のボリュームが落ちてしまいます。その結果、髪型が決まりにくくなったり、髪がぺたっとなっている印象を与えたりしてしまうでしょう。

 

びまん性脱毛症とは

びまんとは、一面に広がり満ちること、はびこることを意味します。
びまん性脱毛症とは、一般的な男性型脱毛症とは異なる、女性特有の脱毛症です。

 

いわゆる男性型脱毛症の場合、生え際や後頭部、頭頂部などから部分的に薄くなっていきます。一方、びまん性脱毛症の場合、頭部の髪の毛全体が薄くなってしまうのです。

 

びまん性脱毛症の原因

一体どうして、このような症状が現れるのでしょうか。
びまん性脱毛症の大きな原因と考えられているのが、女性ホルモンの変化です。

 

年を取るに連れて、女性ホルモンである、エストロゲンが減少していきます。エストロゲンは成長に従って増えていきますが、25歳くらいをピークに減少に転じるのです。そして、35歳くらいには分泌量が大幅に減ってしまいます。

 

40歳を過ぎるとエストロゲンの分泌量は半分以下になってしまうでしょう。

 

女性ホルモンの主な働きは妊娠に関わりがあるだけではありません。
その他にも美肌を維持したり、髪の毛のツヤやコシ、ボリュームを保つ効果もあるのです。

 

そのため女性ホルモンの分泌量が減少すれば、髪の毛の力は弱くなります。
髪の毛のコシもなくなり、抜け毛が増えたりするでしょう。
その結果として、髪の毛全体のボリュームが落ちてしまうのです。

 

加齢による女性ホルモンの減少が原因ですので、放置していると症状が進行します。
そのままでは、髪の毛が失われていくでしょう。

 

びまん性脱毛症の対策

原因がわかれば、対策はそれほど難しくはないと思われるかもしれません。
しかし、実際にはホルモンバランスを、コントロールするのは意外に困難です。
まずは、規則正しい生活習慣を心がけて、ストレスを回避することが欠かせません。

 

減少している女性ホルモンを補う効果のある育毛剤なども効き目があるでしょう。