40代女性の薄毛対策は「ホルモンバランス」が鍵?

40代女性の薄毛対策は「ホルモンバランス」が鍵?

40代の女性で薄毛に悩んでいる方は、男性よりも多くいるという統計があります。

 

女性が薄毛になる原因として、女性ホルモンの減少が良く挙げられますが、正確にはもっと複雑です。
女性は加齢や閉経を迎える頃、女性ホルモンが減少します。

 

排卵・生理をサイクルとして、それまで上手に保たれて来た女性ホルモンがバランスを崩してしまうのです。

 

つまり、40代の女性の薄毛対策には、ホルモンバランスが大きな鍵を握っていることは間違いありません。

 

そこで今回は、女性ホルモンの減少を止める対策や、増加させる方法を考えて行きます。

 

女性ホルモンを増加させる方法

自然体に過ごすことで感情をコントロールする

 

女性ホルモンは卵巣から分泌されるのですが、それを促す指令は脳から出されます。
ストレスを感じると、分泌を上手く促す指令が出ませんし、逆に幸福感が満たされると分泌量が増えるのです。

 

恋愛をしている時は、女性ホルモンの分泌量が増えることが分かっています。
恋愛以外でも、動物を見て「可愛い」と思ったり、愛おしいと思うことで幸福感は得られるのです。

 

40代の薄毛に悩む女性のホルモンバランスの鍵として、不満や愚痴をこぼすことで逆にストレスを感じないようにします。

 

話し相手に対し、感謝の気持ちを持つことで全てが気にならなくなり、自然体で穏やかに日常生活が保てるのです。

 

食事から女性ホルモンを補助する

 

 

大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンを補助して毛髪にツヤをだし、お肌もしっとりさせます。

 

ホルモンバランスの鍵となるので、積極的に摂りましょう。

 

また、ビタミンEは脳に働きかけ、卵巣からのホルモンの分泌を助けるのです。
ビタミンEは、カボチャやアボガドに多く含まれています。

 

更に、卵に含まれている良質なコレステロールは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンを作るのです。
無理に多くを摂取する必要はありませんが、1日に1個を目標に卵を食べましょう。

 

以上のように、40代の女性の薄毛対策は、ホルモンバランスが大いに鍵を握っていると言えます。女性ホルモンの減少を抑えるためにも、暴飲暴食を止め喫煙は控え、睡眠には気を遣いましょう。