40代になると毛が細くなる理由は?

40代になると髪の毛が細くなる理由は?

髪の毛が元から細い人は、薄毛になって来ると不安を覚えます。
このことは、40代になると明らかに症状として自分でも自覚出来るものとなるのです。

 

しかし、髪の毛が細くなる理由に備えて、女性ホルモンの減少に対処することで改善出来ます。
今回は、40代になると毛が細くなる詳しい理由について説明して行きましょう。

 

40代のホルモンバランスの乱れの原因

元来、ホルモンバランスはとても脆く、少しのストレスがかかっても崩れやすいのです。
40代ともなると、溜まるストレスは相当なものがあります。
そのためのヘアケアは、ストレスが溜まることを充分考慮した上で行うことが大切です。

 

40歳を迎える頃になると、女性ホルモンが乱れて来ることで髪の毛も細くなります。
そもそも髪の毛の成長には、女性ホルモンの育毛を促進するエストロゲンが大きく関わっているのです。

 

女性ホルモンが減少するということは、髪の毛の成長もストップしてしまうという関連性があります。

 

薄毛改善のためのストレス対策

ストレスがかかってしまうと、髪の毛を作る毛根の働きに影響を与えます。
髪の毛が細くなる原因は、毛根の栄養不足かストレスです。
ストレスを溜め込まないようにするということも、この場合結構大変になります。

 

それは、髪の毛の状態がどうしても気になってしまうからです。
そこで更にストレスの根本的なことを考えると女性ホルモンを補うことが必要になります。

 

豆乳・豆腐は女性ホルモンの代役になる

女性の多くは、カロリーを気にしながら食事をしているものです。
そんな人にもオススメの女性ホルモンの補い方があります。
それは、「イソフラボン」を上手に摂取することです。

 

この「イソフラボン」は、大豆に多く含まれています。
この成分は、女性ホルモンと似た働きをしてくれるのです。豆腐や豆乳と言った「低カロリーで栄養素の高い」イメージのある物に多く含まれています。偏ったダイエットで、髪の毛が細くなっているかも?と思う人は積極的に食べて下さい。

 

出産の前後には

特に、40代の女性のホルモンバランスが崩れやすくなる原因には出産があります。
出産の前後はもちろんのこと、子育てに追われるようになってからも生活が不規則になりやすいのです。

 

若い頃よりも規則正しい生活を送ることこそ、薄毛に悩まないコツだと言えます。