経産婦と出産経験の無い女性では薄毛になる可能性に差はある?

経産婦と出産経験の無い女性では薄毛になる可能性に差はある?

経産婦によく見られる薄毛

一般的な女性の一生のうちで一番薄毛になりやすいのが妊娠中と出産後です。出産経験の無い女性と比較して経産婦は薄毛になる可能性が高くなります。

 

半数以上になる7割の経産婦が薄毛の症状を体験しているのです。
妊娠と出産は、女性の人生にとって、重要なイベントとになります。

 

経産婦ならよく知っているのが妊娠や出産による髪へのダメージです。
この時期にしっかりケアをしないと薄毛が酷くなってしまいます。

 

それでは一体何故、妊娠から出産にかけて薄毛が進んでしまうのでしょうか。
出産経験がない女性よりも経産婦が薄毛になりやすい原因を探りましょう。

 

薄毛の仕組み

本来であれば、女性ホルモンに支えられ髪の毛の減ることが少ない女性の人生です。
しかし、妊娠から出産後の時期は激しく髪の毛が抜けてしまいます。
この時期の女性は体内の女性ホルモンの分泌量が著しく変化するのです。
その変化に身体がついていけずにつわりといった症状などが起こります。

 

通常ならば出産後数ヶ月経つと、授乳中であってもホルモンの分泌量が妊娠前の状態に戻ります。それまで、ホルモンの影響で退行期へと移行しなかった髪の毛が一気に抜け落ちます。つまり、成長するはずの髪の毛が育たないまま抜け落ちるのです

 

いきなり大量の髪の毛が抜け落ちてしまうと誰でも驚いてしまうはずです。
妊娠から出産後の頃の薄毛は半年から1年くらいで元に戻るでしょう。
一時的な症状ですので、過剰に心配する必要はありません。

 

しかし、体内の栄養やホルモンのバランスが乱れたままの時は話が別です。出産直後は体調が安定しません。

 

また、育児は精神を不安定にさせるでしょう。
人によっては、抜け毛や薄毛の酷い状態が、長く続くことも考えられます。

 

もちろん、出産経験が無い女性でもホルモンバランスに異常が出たら薄毛になる可能性は高いです。

 

薄毛の対策

育児中の女性は時間に追われるため、なかなか自分の髪の毛のお手入れまで時間と手間が掛けられない時期です。
自宅で簡単にできる、刺激の弱いクレンジングシャンプーを導入するのも良いでしょう。
また、育毛剤などを用いて薄毛や抜け毛を少なくする頭皮ケアも効果的です。

 

妊娠中や出産後のヘアケアの基本は、ストレスを溜めないことです。
さらに規則正しい食生活や睡眠、運動などの生活習慣を整えることが欠かせません。
急に抜け毛や薄毛が増えたからといって、心配しすぎるのもストレスになります。
ホルモンバランスが整うと髪の毛も健康な状態に戻るので焦らないようにしましょう。

 

出産経験の無い女性でもストレスによる薄毛で悩んでいる人は増加傾向にあります。
やはりホルモンバランスの乱れが疑われるでしょう。
結果、女性ホルモンに異常が出やすい経産婦の方が出産経験が無い女性よりも薄毛になりやすいことが分かります。

 

体調や生活習慣を改善することで薄毛を解消することもできます。
上記以外で薄毛の原因がハッキリしない場合は専門医に診てもらいましょう。