白髪と薄毛の関係はある?

白髪と薄毛の関係はある?

白髪と薄毛の関係

「白髪の多い人は薄毛になりにくい」、このような話を聞いたことがありませんか?
残念ながら白髪と薄毛、同時に悩んでいる女性が少なくありません。

 

白髪の原因は、メラニンの合成が抑制されることです。
一方、薄毛や抜け毛になる原因である毛髪の再生機能が阻害されることになります。
これらの原因の因果関係は、最新の研究でも明らかにされていません。

 

しかし、白髪と薄毛の原因には共通することが沢山あります。それは冷え症などのような血行不良や、毛根にある毛乳頭の栄養障害などです。
特に、無理なダイエットなどをされている女性は気をつけたほうが良いでしょう。

 

もちろん年齢を重ねるに連れて、薄毛や白髪の症状が進むことも珍しくありません。

 

白髪を抜くのはNG

「白髪を抜くと黒い髪が生えてくる」という説も正しくはありません。
逆に「白髪を抜くと増える」というわけでもないのです。
白髪を見つけた時の対処法は、白髪の量が少ない場合、根本から切るのが一番です。

 

無理やり抜いてしまうと、髪の成長サイクルが乱れてしまいます。
そうなると、次に生えてくる髪の毛が、細くて弱いものになってしまうのです。

 

白髪の量が多い場合、髪の毛を切って対処することは難しいでしょう。
そのような場合は、白髪染めを使って対処される方が、ほとんどかもしれません。
ですが、髪を染めることで毛髪が痛んでしまうので十分注意が必要です。

 

白髪染めと薄毛

刺激の強い白髪染めを使うと毛髪や頭皮にダメージを与えてしまいます。
そのような白髪染めを使い続けていると髪の毛が細くなってしまう場合があるのです。
そのまま、薄毛につながってしまうことも珍しくありません。
カラーリングが薄毛の原因になるように白髪染めも薄毛には良くないのです。

 

原因にもよりますが白髪と薄毛の対策は、よく似ています。
規則正しい生活習慣を心がけ、ストレスを溜めないようにすることが大事です。 特に、アンチエイジングにつながる生活が重要なポイントになります。

 

白髪や薄毛は、一度気になるとストレスにつながってしまいます。
心配な方は、髪に優しいトリートメントタイプの白髪染めがオススメです。また、頭皮の血流を促進させる育毛剤なども効果が期待できます。

 

何もしない状態では白髪や薄毛は進行を早めます。
早期に対処することで進行を防ぎ解消するまで努力が必要なのです。