女性用育毛剤と男性用育毛剤の違いは?

女性用育毛剤と男性用育毛剤の違いは?

女性用育毛剤と男性用育毛剤の違いは、ズバリ脱毛のメカニズム自体に大きな違いがあります。
男性の脱毛の場合、額の生え際や頭頂部など局所的な薄毛が主流です。
それに比べ女性の薄毛は、頭部全体に症状が出ます。
男性は男性ホルモンの影響を受け、女性は女性ホルモンの影響を受けることが特徴なのです。

 

このように男性と女性では、脱毛の性質に違いがあるため、育毛剤の成分も異なって来ます。今回は、女性用育毛剤と男性用育毛剤について、その違いを解説して行きましょう。

 

男性用育毛剤と女性用育毛剤の特徴

男性用育毛剤は、髪の毛を増やすことや太くすることに効果を発揮するよう作られています。
それに比べ、女性用育毛剤は育毛・発毛を促すことに重点を置いているのです。
薄毛の原因である、フケや痒みを抑えるための保湿成分が含まれています。
また、敏感肌への配慮もされており、肌への刺激が少なく香りも良いものとなっているのです。

 

女性用育毛剤は栄養成分に重点を置いている

女性の脱毛の原因として、女性ホルモンの乱れが挙げられます。
ホルモンバランスが乱れる産後6ヶ月では、産後型脱毛症を発症することがあるのです。

 

また、閉経することで女性ホルモンは一気に減少傾向になります。
更年期以降になると、髪の毛の寿命は更に短くなるのです。

 

女性は、日頃からヘアカラーやパーマなどを多く利用することで、毛髪や頭皮を傷つける機会が多くなります。

 

そのため、女性用育毛剤は栄養成分や保湿成分にこだわっているのです。
女性用育毛剤は、女性ホルモンが配合された、低刺激の育毛剤になっています。

 

男性用育毛剤はやや刺激的なサッパリタイプが多い

男性用育毛剤は、皮脂を分解させるための成分にこだわって作られています。
抗菌剤配合、清涼剤を加えたサッパリする仕上がりに作られているのです。
男性ホルモンを抑制させ、血行促進に重点が置かれています。

 

男性は男性ホルモンの影響で、皮脂分泌が多くフケや痒みの症状が多く出ることがあります。このため、男性用育毛剤は女性用に比べやや刺激が強く作られているのです。

 

 

いかがでしたか?
女性用育毛剤と、男性用育毛剤の違いについてお分かり頂けたでしょうか?女性と男性、それぞれが逆の育毛剤を使うことは決しておススメ出来ません。

 

成分や用途を良く理解して、性別の育毛剤を使用しましょう。