分け目からくる薄毛の原因は?

分け目からくる薄毛の原因は?

最近、分け目からくる薄毛が気になっていませんか?
これは年齢に関係なく、女性に最も多い頭髪の問題と言えます。
分け目が広がることで、髪の毛が少なく見えボリュームに欠ける分、全体的に淋しい印象は否めません。

出来れば、健康的な分け目を保ちたいものです。
そこで今回は、分け目からくる薄毛の原因について詳しく解説して行きます。

 

原因1:いつも同じ位置で分け目を固定

髪の分け目には、想像以上に負担がかかっているのです。
分け目を作る際には髪の毛が引っ張られ、分け目の部分の皮膚は外気にさらされ、紫外線を直接浴びます。毎日同じ箇所に負担がかかることで、分け目の毛根は元気を失ってしまうのです。

 

いつも同じ箇所の毛根にダメージをかけて脱毛してしまうと、その部分からは髪の毛が生え辛くなります。
これは毛根が弱ることで、ヘアサイクルにも影響を及ぼすということです。
毛髪が成長期に入っても、育たないまま抜け落ちてしまいます。

 

原因2:いつも同じ位置で髪を結んでいないか

髪の毛が常に引っ張られる力によって抜けたり、ちぎれたりすることを「牽引性脱毛症」と言います。髪の毛を常に同じ位置で結んでいると、その部分の頭皮や毛根ばかりに強い牽引力をかけるのです。

 

すると、髪の毛や毛根は常にダメージを抱え込んでしまうことになります。その部分の毛根は育たなくなり、徐々に髪の毛が生えても産毛のまま成長できなくなるのです。

 

薄毛の原因の改善策

まず、分け目を固定しないということが大切です。

 

今日、右側で分け目を作ったら、明日は左側で作るというような工夫をしましょう。

 

弱った毛根が元気を取り戻せるように、分け目を一か所に固定しないことが必要です。

 

また、髪の毛を結ぶ位置を変えたり、結ばない日を作ったり、毎日髪型を変えてみたりします。極力、髪の毛や毛根が負担を気にしないような工夫が大切です。

 

分け目からくる薄毛の原因は、日頃から与えている毛根や髪の毛へのダメージです。
必要な栄養分を摂取しながら、髪の毛を育てることが大切です。
早く改善したいのなら、必要栄養素を配合した育毛剤を使うことをおススメします。